激しい抜け毛、薄毛の原因とは!?お悩みの男性必見!改善方法と対策

抜け毛、薄毛でお悩みの方必見!そのカギはキャピキシルだった!

激しい抜け毛、薄毛でお悩みの方へ。改善のカギをこっそりお伝えします!

      2016/02/12

 

始めに

昨今、激しい抜け毛や薄毛でお悩みの男性が凄い勢いで増えています。実はそんな私も、その中の一人です。

20代の後半から少しずつ気になり始め、30台の中ごろには生え際が、40代の今は頭頂部にも抜け毛、薄毛の脅威が激しく襲い掛かってきています。
20代のころは傍観しているだけでしたが、30代になってから「このままではやばい」と、様々な育毛方法にトライして現在は40代の中を過ぎたところです。(現在は紆余曲折を経て行き着いた育毛方法で、良い状態を保つことが出来ています。後程ご紹介します!)

そんな筆者が「激しい抜け毛の原因」と、その「究極の改善方法と対策」をお悩みの男性のためにこのサイトを立ち上げました。

専門的なことをたくさん説明しているサイトも多いですが、難しいことを沢山書くよりも「出来るだけわかりやすく楽しく」をモットーに記事をアップしていくのでよろしくお願いします!

[このサイトをご覧の方々のお悩みや苦しみが、少しでも改善されることを願って]

section1

男性の激しい抜け毛、薄毛の6つの原因

①男性ホルモン、女性ホルモン

Kaz / Pixabay

激しい抜け毛、薄毛の大きな原因に男性ホルモンと女性ホルモンが関係しています。「男性なのに女性ホルモン??」と思う方もいるかもしれませんが、男性も女性も男性ホルモン、女性ホルモンの両方のホルモンを持ち合わせています。この二つのホルモンのバランスが抜け毛、薄毛対策にはとても大切なのです。

男性ホルモン、 女性ホルモンのバランスを整えることで、激しい抜け毛、薄毛の改善につながることも多いのです。

「男性ホルモン、女性ホルモン」ここからしっかり皆さんと勉強していきましょう!

男性の抜け毛や薄毛でのお悩みの頭髪の部位を私はサザエさんの「波平さんゾーン」と呼んでいます。
前髪の生え際から頭頂部までをぐるりと円を描いたあたりですね。

江戸時代の男性の「月代(さかやき)」の部分。
こちらが実は、女性ホルモン領域となります。

男性型の脱毛は、男性型脱毛症、別名AGA(エージーエー)と言います。早い人で思春期を過ぎたころから始まります。加齢とともに進行していきますが遺伝(体質の遺伝)や男性ホルモンが原因と言われています。
*注*はげる遺伝子は存在しないです。はげる体質が遺伝する、ということです。

見事にはげてしまった人の多くに、ひげや胸毛、すね毛などの体毛が濃い方がいらっしゃいますが、こちらは完全に男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが取れなくて、結果的に毛髪が抜けてしまっているのです。

男性ホルモン>女性ホルモン

ですね。

AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)という原因物質が多くみられ、これがヘアサイクルを大きく乱す原因と考えられています。

DHTの生成には5a-リダクターゼという原因物質がからんでいます。
これらについては後々詳しくお伝えします。

「毛乳頭や毛母細胞を刺激すると抜け毛や薄毛が治る」という話ではないんですね。

ただ、マッサージなどで頭皮を刺激すること自体は悪いことではないので、お風呂上りや寝起きに頭皮の為に是非してあげましょう!

 

②過度なダイエット


RyanMcGuire / Pixabay

いまやダイエットは女性だけではなく、男性にも増えているそうです。

特に10代、20代の若い男性にその傾向が見られます。ダイエットは、体の色んな場所をむしばみます。そして、大切な髪の毛もむしばみます。結果、全然若いのに「激しい抜け毛」「薄毛」に襲われて悲鳴を上げることにもなります。

残念です。

過度なダイエットは、体ばかりでなく精神までもむしばみます。そして大切な毛髪までも。お肌はがさがさ、爪はぼろぼろ。厳しいようですが、ただ痩せてガリガリの筋肉のない体には、女性が見ても何の魅力も感じません。

即刻やめましょう。

ここは激しい抜け毛と薄毛の原因サイトなので、健康面はひとまず置いておくとして、
何故、過度なダイエットが激しい抜け毛や薄毛を呼び込むのかを端的にご説明しましょう。

「過度なダイエット」ということは、簡単に言うと栄養不足もしくは栄養失調ですよね、
栄養が体内に不足、または失調すると、どのようなことが体に起きるのか、体を一つの国にたとえます。

まず、脳大統領が「やばいぞ!」と関係各省庁に号令を下します。脳は内閣府かな?
まさに戒厳令下におかれた国家です。

それでもいくばくかの栄養素を血管トンネルの血液トラックに載せて、生きるために必要な部署に優先的に運びます。

生きるために必要な部署って??

内臓と脳です。

これらがなくなってしまうと、国家は破たんしてしまうからです。

デフォルトのギリシャのようですね。

人で言えばすなわち「死」です。

“体”国家は一生懸命生きようと頑張ります。だから、優先的に栄養素を生きるために必要な内臓と脳に送るのです。昔からよく、「爪は健康状態を計るバロメーター」と言いますよね、このような理由から健康状態の現象が爪に出るんですね。

なので、もともと過度なダイエットで栄養が不足または失調しているから外部機関であるお肌や爪、そして毛髪に多大な影響を与えてしまうのです。

そうしてそれが、ホルモンのバランスを壊す大きな原因となるのです。
怖い話です。

だから、即刻、過度なダイエットはやめましょうね!

過度なダイエットが原因で激しい抜け毛、薄毛に襲われた方はまずここからクリアしていきましょう。

しかしダイエットをやめたからと言って、激しい抜け毛や薄毛が突然治るわけではありません。

一度マイナスの方向に負荷がかかってしまったものが、いきなりプラスに転じることはほとんどないからです。
食べ物はもちろんのこと、規則正しい生活、それと正しい頭皮ケアを的確に行うことが大切になります。

過度なダイエットの影響はあまりにも大きいことを自覚しましょうね。

③ストレス

geralt / Pixabay

肉体的ストレス

ストレスと言えば多くは精神的なストレスのことを思い浮かべませんか?意外かもしれませんが、精神的なストレス以外に肉体的なストレスも激しい抜け毛薄毛の原因として指摘されています。

ここではまず、肉体的なストレスが及ぼす激しい抜け毛、薄毛への悪影響をお伝えしましょう。

肉体的なストレスと言えば、過度な運動があげられます。特に激しい筋トレをすることで男性ホルモン(テストステロン)が多く分泌されます。その結果なんと激しい抜け毛、薄毛に襲われる、というのです。

怖いですね。

男性ホルモン>女性ホルモン

え!?でもちょっとまって!

プロのアスリートやボディービルダーにはげや薄毛の人って、一般と比べて多いでしょうか?

そんなことはないですよね。

DHT(ジヒドロテストステロン)という原因物質を紹介しましたが、ここでまた登場です。
AGA(男性型脱毛症)、の疑いのある方が、過度な筋トレを繰り返した時に、男性ホルモンの分泌量が増えると原因物質のDHTにより、激しい抜け毛、薄毛を引き起こす可能性がある。

やっぱりかー!と嘆く必要はありません。結論からいえば、可能性があるというだけで、
過度な運動、筋トレが必ず、激しい抜け毛、薄毛を引き起こすわけではないようです。

ちょっと安心ですね。

けれど、AGAの疑いのある方が、過度な運動や筋トレをしている場合は注意が必要であることには違いないようです。
AGAの可能性があるかどうかは次の「喫煙」の項目に簡単なチェックリストをあげてみました。是非、次項で確認してみてください。

AGAの疑いのある方の過度な運動は禁物と覚えておきましょう。

そして実はもう一つ、こんなことも。

今まで継続的に過度な運動、過度な筋トレを繰り返していた方が、急にやめてしまうと男性ホルモン(テストステロン)を増やしてしまうのだそうです。これがDHT(ジヒドロテストステロン)の生成と結びついていることはまだ解明されていないようですが、可能性としては否定できません。

「頑張って健康のために努力してるのに!」なんてことでしょう。昨今の健康ブームでジムやご自宅での筋トレに励んでいる方、凄く増えています。

頑張って努力してることはやめる必要はありません。

要はこのDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制すればいいのです。
DHTに関しては男性の脱毛原因6要素の後に登場します。

精神的ストレス

一般的にストレスと言えば、この精神的ストレスのことを指しますよね。「ストレス社会」と呼ばれるようになってもうどれくらいたつのでしょうか。

た とえば、今のも勿論そうですが、私が10代、20代当時のハリウッド映画の普通のラブストーリーやヒューマンコメディー等で、主人公がかかりつけのメンタ ルクリニックを受診するシーンをよく見ましたが、その時は「アメリカ人ってそんなに心が病んでなくても、結構みんな、かかりつけのメンタルクリニック持っ てるんだな」と思うぐらいで他人事のようにスルーしてましたけど、今や日本も同じように、メンタルクリニックや心療内科を気軽に受診する方が増えてきたよ うに感じられます。

メンタルクリニックや心療内科を受診するまではいかなくても、多かれ少なかれ誰しも精神的なストレスを抱えていますよね。

そんな精神的なストレスが原因で激しい抜け毛、薄毛に襲われる方もずいぶん多いのです。

精神的なストレスを多く抱えると、自律神経のバランスが乱れます。そうすると血流が悪くなり髪の毛を作るために必要な栄養素が不足することがあります。それだけではなく精神的なストレスにより、男性ホルモン(テストステロン)の分泌も増えることもあります。それらの結果、激しい抜け毛、薄毛の脅威が・・・

映画やドラマ、漫画のワンシーンで演者が何かプレッシャーを受けたシーンなどで、思わず頭を抱え込んだそのあと、手のひらに無数の髪の毛が!?

って、ありますよね。

大げさな演出ですが、実際、科学的根拠のあることなんです。
精神的なストレスを受けると交感神経が活発に働きます。この状況が続くと自律神経のバランスが乱れます。そうすると血管が収縮して血流が悪くなり、結果毛髪に必要な栄養素が行き渡らなくなり激しい抜け毛に襲われることになります。

余談ですが、精神的なストレスが原因の不眠症なども完全にこのケースが当てはまります。

ストレスの発散方法は人それぞれですが、自分に合った解消方法をいち早く見つけることが大切です。

話を元に戻しましょう。

精神的なストレスが、「激しい抜け毛」「薄毛」の原因となる。そうするとその抜け毛自体がまた新たなストレス因子になる。これはまさに負のスパイラルです。

精神的なストレスの原因を簡単に取り除くことは難しいかもしれませんが、精神的なストレスが原因で引き起こった激しい抜け毛や薄毛は抑えることができます。

こちらも、DHTが関係してきます。

正しい知識で行う育毛法が精神的なストレスの現象としての激しい抜け毛、薄毛を緩和、改善します。


④喫煙

realworkhard / Pixabay

喫煙の体に対する悪影響に関する、医科学的なレポートは本当に枚挙にいとまがありませんよね。もう詳しく書く必要がないくらいかもしれません。ただ、このサイトは「激しい抜け毛、薄毛の原因とその改善方法と対策」です。喫煙問題は避けては通れません。果敢にこの問題にもメスを入れていきます!

たばこに含まれるニコチンですが、血管を収縮させてしまう働きがあります。血管が収縮すると血流が悪くなり、毛髪に必要な栄養素や酸素が上手く供給されなくて、結果毛髪の成長を阻害することにつながります。

「激しい抜け毛、薄毛問題の勃発」です。

ヘアサイクルが乱れる原因なんですね。その「ヘアサイクルが乱れる」ですが、具体的に何かっていまいち分からなかったりしませんか?

ヘアサイクルが乱れる原因は、何も喫煙だけに限ったことではありませんが、ここで、簡単にご説明します。

本来、一本の毛髪が生えてから抜けるまでの周期は4年から6年と言われています。日本人の平均の毛髪は約10万本。毎日50本から100本の毛髪が抜け替わっています。

これがヘアサイクルです。4年から6年、50本から100本というのは個人差なので、おおよそこの範囲内でずっといれば、何の問題もありません。

でも、50本から100本って数えるわけにもいかなそうだし、何を基準に??って疑問もわきますよね?

このヘアサイクルが乱れると、AGA(男性型脱毛症)の兆候が見て取れるようになります。

計測法はありませんが、チェック項目として

[以前と比べて短く細い毛が抜けてきた。そしてその短い細い毛が・・・]
・朝寝起きの枕元に10本以上抜け落ちている。
・地肌に指を通したら髪の毛が10本以上は抜け落ちてきた。
・乾いた状態で下を向き、バサバサとシャンプーのように手を振ると10本以上抜け落ちた。
・シャンプーの時、明らかにいつもより抜け毛が多い。
・担当美容師さん(理容師さん)に指摘された。

これらの状態が現れたら、AGAを疑って間違いありません。

そして、喫煙がその引き金になっているとしたら・・・

たばこ・・・そろそろやめましょうか・・・

日本の成人男子の喫煙率は、減少傾向にあるとはいえ32,2%だそうです。3人に一人は喫煙者ってことです。

嗜好品なので無理にとは言いませんが、見事止めることができると、いろいろと変化がありますよ!

私も喫煙者でしたが、15年ほど前に、すっぱり止めました。
一時的に太りましたが、食べ物はおいしいし、部屋や衣類もヤニ臭くならないし、歯も綺麗だし、肌艶もいいし、よく眠れるようになったし、

ほんといいことだらけです。

がんリスクも減るって言うし。

話を元に戻しましょう。

喫煙時と非喫煙時のサーモグラフィーをご覧になったことがある方、多いと思います。

非喫煙時に末端も黄色とかオレンジだったのが、喫煙時にはブルーや凄い人は透明人間みたいになっちゃてたりしますよね。

たった1本のたばこで滞ってしまう血流は、例えるなら氷点下に何も身に着けずに外にいるようなものなんです。

長年吸ってるたばこをすぐに止めることはなかなか難しいことだと思います。

でも、このサイトをここまでご覧いただいている方はきっと、抜け毛や薄毛のことで本当にお悩みなのではないでしょうか?

抜け毛や薄毛のお悩みの解消に、禁煙とまではいかずとも、「まずは節煙!」と、取り組んでいただければ、これから先の項目でお伝えする、抜け毛、薄毛問題の改善方法と対策がさらに生きてきます!

是非、一緒に激しい抜け毛、薄毛と戦っていきましょう!!

⑤食べ物

Anelka / Pixabay

食べ物は毛髪の成長に絶対に欠かせないもの。では、どんな食べ物が毛髪の成長によいのでしょうが?「やっぱりそれはわかめでしょう」なんて声が聞こえてきましたよ(笑)
残念ながら不正解です。

海藻類はミネラルがたくさん含まれているので、もちろん毛髪の成長にも悪いことはありません。けれど、いいものだからといって「わかめ」などの海藻類ばかりでは、毛髪は育ちません。あくまで一つの栄養素としてとらえましょう。

激しい抜け毛や、薄毛によい食べ物を探すというよりも、食事を見直すことが大切です。

ではいったいどんな食事が毛髪の成長によいのでしょうか?

それはバランスです。栄養のバランスがしっかりと取られた食事が、毛髪の成長にはとても大切です。

皆さんが栄養のバランスの良い食事として思い浮かべるものは何ですか?
いろいろあると思いますが、日本人の多くは「和食」と答えるかもしれませんね。

ひょっとしたら今では、世界のほかの国々の人々に同じ質問をしても「和食」と答える人も多いのかもしれません。

世界遺産にも登録された我々日本人のソウルフー「和食」

世界中のヘルシーフードの中で、「和食」のヘルシー度合いは群を抜いています。

和食としての基本「一汁三菜」

どうでしょう?けれども現代の日本人には結構ハードルが高い食事ですよね?
私も職業柄どうしても食事が不規則になりがちです。特にお昼などはまったく食事がとれない日も多いです。

そんなときは、ミックスナッツをぱりぱりやってしのいでいます(汗)

余談ですが、飢餓状態が若返り遺伝子(長寿遺伝子)のスイッチを入れるってホントらしいです。

そういえば、同業者は年齢より若く見える人が多いけれどそのためかな?(笑)

ですので、私は朝食と夕食を大切にしています。

ただ、ガチの和食ばかりはやっぱり現実的ではなくて、なるべくバランスの取れる食事内容で、そしてこれが重要ですが、食べすぎに注意すること。

食べすぎた分はいくら栄養バランスが整っていても、脂肪に変わってしまいます。その余分な脂肪分が、頭皮にも現れ、結果的に激しい抜け毛や薄毛の原因につながります。

私のお店のお客様で中医学(漢方)の先生がいるのですが、その方とお話をすると、体のためのよい食事は、「よい頭皮環境を作り、よい毛髪を作るのだ」ということを改めて実感することができます。

たとえば、なんとなく聞いたことのある「腹八分に医者いらず、腹六分に疲れを知らず、腹四分に老いを知らず」
などという言葉は中医学養生のすすめとして長く語り継がれていることなのだそうです。

田舎のおばあちゃんなんかがよく「腹八分にしておきなさいよ」なんて言うイメージがありますが、語源は中医学(漢方)だったんですね。

そして、必ずよく咀嚼することだそうです。小さいころ母親や周りの大人たちに言われた経験は誰しもあるのではないでしょうか?一口につき30回はかむようにするのが望ましいそうです。

あと、食事の例なども教えていただいたのですが、こんな感じです。

朝 野菜を中心に少量を
昼 ご飯軽く一膳、お味噌汁、野菜、豆腐or納豆
夜 ご飯軽く一膳、野菜のおかず

「野菜」と「肉・魚・卵」の割合は3:1
日本人のDNAに合わないものは基本NG!なんだそうです。

私も40歳を過ぎたころから、洋食よりも純粋な和食が大好きになりまして、そんなところからも年齢を実感するのですが、結局、若いころよりも新陳代謝が鈍ってきて、食べ物の消化吸収が鈍くなるから、和食志向になるのですね。

体が危険を察知して、危険信号を脳から発信しているのでしょうか?

中 医学(漢方)は科学的にも根拠のある話が多く、たとえば前述の「腹4分に老い知らず」などは若返り遺伝子(長寿遺伝子)と結びつきますし、よく咀嚼するこ とは、唾液から分泌される消化酵素を増やし胃の消化を助ける働きがあります。それから、免疫学の分野からも食の欧米化が、三大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒 中)の引き金になっていることが指摘されています。もちろんこれらが、激しい抜け毛や薄毛の原因であることは避けられない事実です。

話を元に戻しましょう。

中医学(漢方)の先生があげてくれた食事の例は極端としても、激しい抜け毛や薄毛のお悩み解消には、正しい食事は不可欠です。

スィーツ、揚げ物、香辛料、洋食、加工食品、脂肪分、冷たいもの

これらは激しい抜け毛や薄毛にお悩みの方にとってはあまりよくない食べ物です。

とはいっても、全て断ってしまうのも新たなストレスになるかもしれないので、こちらも喫煙と同じように節○○から始めてみましょう。

節スイーツとかね!あと、節ビール。ビールだけは勘弁してくれ~という声も聞こえてきそうですが、ここは自分の可愛い毛髪の為、少しの我慢から始めてみませんか?

そうそう、ビールなんかはやはりキンキンに冷やしたものを一気にぐいっとあおるのが至極の幸せのですよね。特に仕事終わりの生ビールなんかはたまりません。

疲れも一気に吹き飛びます。

ちょっとまったー!

キンキンに冷えた生ビールをのどでいただく。気持ちいいですが、全くよくありません。
まず冷たいものは内臓を冷やしてしまいます。内臓が冷えると消化吸収力が減退します。結果、血流が悪くなり、毛髪に必要な栄養素や酸素が送られなくなります。

食事前の生ビールをのどでいただく。これは、結局そのあとの食事の消化吸収力を損ないます。
出来れば食べ物の消化吸収を助けるような、食前酒をほんの少し口に入れてから、食べ物もできるだけ消化の良い野菜類から食べ始めて胃が働き始めたら、大好きなビールをほどほど冷やしておいたものを若干口に含みつついただく。というのはどうでしょう?

味気ないようにも感じますが、慣れるとこれが意外と乙ですよ!
そうは言ってもビールはやっぱりのどごしが・・・ですよね・・・
頭に入れておいておくだけでも、何か変わってくるかもしれません。

でもこういう感じで食事をいただくようになると、そもそもビールがあまり必要ではなくなってきましたけれど・・・

冷たいものも、真夏でもあまり必要ではなくなってきますよ!

繰り返しますが、節○○出来るところから少しずつ始めてみましょう。

⑥生活習慣

RyanMcGuire / Pixabay

不規則な生活習慣はやはり「激しい抜け毛」や「薄毛」の原因に上げられます。
不規則な生活習慣そのものが直接、抜け毛や薄毛を引き起こすわけではありませんが、不規則な生活で生活習慣が乱れることで、前述の男性ホルモンや女性ホルモンのホルモンバランス、精神的なストレスに悪影響を与え、結果ヘアサイクルが乱れDHTの増殖をゆるし「激しい抜け毛」や「薄毛」につながるのです。

不規則な生活習慣の方にありがちなのが、夜型生活と睡眠不足。よく美肌生活にはPM10:00からAM2:00までの睡眠が重要だといわれています。男性はご存じない方も多いかもしれませんが、おそらく女性なら誰しも知っていることではないでしょうか?
これはお肌だけのことではありません。
細胞全体のお話なのです。

「細胞は夜眠っている間に作られる」

それも、「PM10:00からAM2:00の間に作られる」のです。

もちろん、毛母細胞から生まれる毛髪も「夜眠っている間に作られる」ことになります。
夜型生活を送っていると体の細胞全体の老化の進行が早まります。と、ということは、毛母細胞の老化も進行することなので、結果として「激しい抜け毛」「薄毛」に襲われることにつながります。

最近ヘルシーライフ、ヘルシー志向の方が増えていますが、圧倒的に美に対して敏感な女性がリードオフマン(リードオフウーマンかな?)的な感じがしませんか?。

抜け毛や薄毛に対して敏感な反応をする男性はとても多いですが、生活習慣そのものを見つめなおしている方は、まだまだ非常に少ないように感じられます。

今まで何年も、何十年も同じ習慣で生活をしてきたことを改めることはとても難しいことです。人から言われたり、またはこのようなサイトを見たりしてすぐに改善しようと行動に移す方は非常に稀かもしれません。

ここで少し私個人のお話をさせてください。

私自身も多くの方々と同じく腰が重い方で、すぐ行動に移すことが苦手でした。それがあることをきっかけに、行動的に変わることが出来ました。
あること、とは「抜け毛」と「薄毛」問題です。

もともとおでこが広いので、20代のころはそれでも傍観していたのですが、どうやら遺伝的に私は母型の影響が強いようで、母型の祖父は50代の前半にはほぼ「波平さんハゲ」になっていたようです。

母の弟、私の叔父ですが、私と顔や骨格が非常によく似ていて、またその叔父が祖父にそっくりです。
叔父は今60代で、祖父よりは進行は遅いですが、やはり同じ「はげへの道を」歩んでいます。

二人ともヘビースモーカーで野菜はほとんどとらず、魚より肉、お酒も大好き、そしてメタボぎみ。

身近に、しかも自分によく似た感じの親戚がモデルケースとして存在していたので、潜在的に自分の進む「はげへの道」を見ていたのかもしれません。

30歳を過ぎる前あたりから危機感を覚えた私は、まずシャンプーと育毛剤の見直しを始めました。育毛シャンプーはサロンユースの良いものがありましたが、市販型の育毛シャンプーも随分いろいろ試しました。育毛剤は、現在の効く成分の育毛剤と比較すると当時のものは値段ばかりで、今思えば気休めのようなものばかりでした。*X5以前のリアップが出始めでしたがなんだかちょっと怖い気がして使用をためらっていました。このリアップについては後述します。

けれども、その当時は信じて、一生懸命朝晩の育毛剤とマッサージを続けました。
不思議なもので、一つ何かをこだわってつづけ始めると、ほかのことにも目を向け始めました。

生活習慣です。職業柄、ヘアケア以外にも頭皮ケアに関する勉強会や講習会はたくさん開かれていてずいぶん若いころから、よく参加していました。
このサイトの記事はほとんどそういった頭皮ケアの勉強会や講習会で身に付けけたものです。

ですので、生活習慣の重要性は頭では理解していましたが、行動が伴っていませんでした。

ヘアーのプロとして頭皮ケアのプロとして、お客様に正しいことをお伝えするのに、お伝えする側の自分が何も取り組んでいないことも後押しだったかもしれません。

いずれにしろ、そのころから生活習慣の改善に取り組みました。

まず、一番始めに着手したのが、「たばこ」です。「喫煙」の項目でも少し触れましたが、
実はこんな背景で「禁煙」を始めました。

一つ、二つと行動を習慣化する癖が付き始めると、次々取り組みが増え始めました。食事も睡眠もそのころぐらいから意識的に改善を始めました。

どうしても、仕事自体が夜型で生活時間が不規則になりがちですが、それでも出来る範囲で行っています。

たとえば、夜の帰宅がpm10:00、pm11:00という日も多いです。そのような日は、夜ご飯を朝のうちにお弁当として持参します。なるべくpm9:00を過ぎないうちに食べるようにして、帰宅したらすぐお風呂に入って就寝します。*コンビニ弁当やお惣菜は、揚げ物や塩分濃度、添加物などが多いので出来るだけ避けています。

そうして7時間ぐらいの、かつゴールデンタイムの睡眠時間を確保しつつ、胃腸にも負担をかけないように気を付けています。

そうはいっても、たまには羽目を外すことももちろんあるんですけどね(笑)

自分ルールですよね、自分にあった型ってきっと人それぞれだと思います。

悪しき生活習慣も自分ルールですけれど、少しでも生活習慣の改善に目をむけると気になる「抜け毛」「薄毛」の改善につながります。

そのための自分ルール、考えてみませんか?

ちなみに、このサイトも、だいたい朝の5:00から7:30の間に作っています。

交感神経が一気に目覚める感じがして気持ちいいですよ!

朝活ですね。それと、寝起きに欠かさず取り組んでいるのは体幹トレーニング。サッカー日本代表の長友選手がヘルニアを克服したことで有名になったあのトレーニング法です。

こうして、不健康極まりない20代の生活を抜け出し、今、40代半ばですが、自分とよく似た亡くなった祖父や叔父と比べると、まだまだしっかりした毛髪を手にしています。

この、「まだまだしっかりした毛髪」ですが、生活習慣の改善だけで手にすることは難しいです。危機的状況がなかったわけではないですが、ある対策により克服することが出来ました。この「ある対策」については次項から詳しくお伝えします。

section2

激しい抜け毛、薄毛の改善方法とその対策

ここまでお付き合いいただいてありがとうございます。これからは、では具体的に何をどのように取り組んでいけば、「抜け毛」「薄毛」が改善されるのかを一緒に勉強していきましょう。

生活習慣の改善が「抜け毛「薄毛」の改善につながることは、前項まででお伝えしました。
まずは一つでも何か取り組めるものを見つけましょうね!
原因を少しずつ取り除きながら核心に迫っていくことが「抜け毛」「薄毛」対策にはとても重要なポイントになります。

正しい育毛シャンプー剤の選び方

ほとんどのシャンプー剤は洗浄剤(界面活性剤)と水が9割、残りの1割がそのほかの成分でできています。

1割の成分というのは、地肌や毛髪のケア成分であったり、シリコンをはじめとするコーティング剤であったり。もちろん防腐剤も含まれます。

シャンプー剤は洗うためのものですから、育毛シャンプーと言っても洗浄剤(界面活性剤)が主体であるのは言うまでもありません。

では、良い育毛シャンプー、良くない育毛シャンプーかどうかの見極めは何かというと、洗浄剤(界面活性剤)の質です。もちろん育毛シャンプーですから洗浄剤(界面活性剤)以外の頭皮ケア成分も重要ですが、シャンプー本来の目的である、「洗う」ことが最も重要なファクターです。

良いシャンプーの洗浄剤(界面活性剤)は優しくしっかり洗い上げます。反面良くないシャンプー剤の洗浄剤(界面活性剤)は皮脂を全部取ってしまいます。

男性向けに限らずですが、市販の安価なシャンプー剤は高級アルコール系の界面活性剤を使っています。高級アルコール系の界面活性剤は洗浄力が非常に強いのが特徴です。そのため、頭皮に必要な水分や油分を根こそぎとってしまいます。

一時的に極度の乾燥状態になります。そうすると地肌は守られるものがないわけですから、オイルバリアを張るため、皮脂を多く分泌します。べたっとした脂性のような地肌になります。

地肌がべたっと油っぽく感じると、やっぱりすっきり洗いたくなります。洗浄力の強いシャンプーを繰り返して使うことになります。べたっと油っぽい地肌は毛髪の成長を阻害する要因の一つですし、極度の乾燥も毛髪の成長を阻害します。

高級アルコール系界面活性剤の生分解性は約80%。生分解性とは24時間以内にどれだけの成分が無害化するかを表した数字です。20%もの成分が有害物質としてお肌や髪の毛に付着蓄積します。ちなみに高級アルコール系界面活性剤は、食器洗い洗剤の主成分です。食器洗い洗剤でシャンプーしたいとは思わないですよね。もしお使いでしたら即刻やめましょう。

余 談ですが、私が駆け出しのころ美容室の業務用で使うシャンプーも高級アルコール系界面活性剤のシャンプーがほとんどでした。1年目や2年目のアシスタント は一日のべ何十人もシャンプーします。シャンプー台にはりつけ状態です。そのため私も手がぼろぼろになりました。皮膚科にも通いましたが、全然治りません でした。顔やそのほかの部分に飛び火してしまいには腎臓系を壊して、美容師を辞めなければいけなくなった同僚もいました。

そんな経験からも高級アルコール界面活性剤のシャンプー剤はまったくおすすめできません。

良い界面活性剤として、アミノ酸系界面活性剤があります。アミノ酸系界面活性剤は地肌を優しく洗い上げるのが特徴です。
頭皮に必要な皮脂や水分を残してくれるため、シャンプー後も必要以上な皮脂の分泌は行われません。そのため、その後もべたっと油っぽくはあまりなりません。(食生活や生活習慣での脂性の方はその限りではありませんが)

生分解性は98%以上なので24時間以内にはほとんどが無害化します。健康な人間の体は異物をはねのける力を持っているので、2%の有害物質は体に蓄積することがありません。

これらの理由から毛髪の成長には欠かせない洗浄剤と言えます。

ただし、高級アルコール系界面活性剤のシャンプーを常用していた方が、アミノ酸系界面活性剤を使い始めた時にふけやかゆみが出ることがあります。

これは、地肌がオイルバリアを張らなくて良いので弛緩状態になることが原因です。
一時的なものですが、気になる場合は一日おきや数日おきにシャンプー剤を使い分けて少しずつ地肌を慣らしていくとよいでしょう。

もう一つ両者の大きな違いがあります。

価格です。なんでもそうですが、「安かろう、良かろう」はありません。
安価なシャンプー剤は毒に近いです。なんでも高ければいいわけではないかもしれませんが、シャンプーの場合は洗浄剤の種類と質が完全に価格のベースになります。

育毛シャンプーであれば、300mlで3,000円くらいのものからぐっとクォリティーが上がってきます。1mlで10円以上ですね。少し高いかもしれませんが、ドラッグストアやスーパーマーケットに売っている安価なシャンプーはそれだけで、「激しい抜け毛」や「薄毛」の原因になります。

このことを踏まえつつ、そのほかの有効成分も加味して選ぶことが大切です。

全ての記事の一番下に私が今まで試 した中でこれは!と思うシャンプーをランキング化したものを表示してあります。参考までにご覧いただければと思います。 育毛シャンプー剤のランキングはこちら↴↴↴

育毛シャンプーの分野は群雄割拠です。

あ くまでも今現在の、私の独断と偏見の順位です。今後また新しいものがランクインしてきた場合は順位の変動などもあると思います。ただこの順位は私の中では しばらく変わっていません。メーカーのサイトに飛べるようになっているので、ご自分に合ったものをよく吟味されて選んでみてくださいね!

ただし、シャンプー剤で髪が伸びる、または生えると謳っている広告も多く目にしますが、シャンプー剤では髪は伸びたり生えたりはしません。

過剰な期待は禁物です。あくまでも、頭皮環境を清潔に保つための土台作りのツールとしてとらえましょう。

*シャンプー剤については、ヘアケア、頭皮ケアのプロとしてお伝えしたいことはもっとあります。今後はこのサイトに記事を書き足すか、別サイトを作るかして強化していくつもりです。

正しい育毛剤、発毛剤の選び方

育毛剤、発毛剤と検索するとホントにたくさんの育毛剤、発毛剤がヒットしてきますよね。

どれもこれも「これが一番!」

みたいな書き方をされるとなんだかよく分からなくなりませんか?

一つ大きなポイントがあります。

それは、有効成分に科学的な根拠があるのか?です。
具体的に言うと、科学的な根拠のある製品は、膨大な臨床データの元、論文が発表されて何らかの機関の認証を得ています。(特許やその分野に送られる賞など)

そういったものをピックアップして、さらにそれらに副作用リスクがあるものは除外します。

整理すると、
① 科学的根拠がある。(髪が生えることが実証されている)
② 副作用リスクがない

この2点です。

そうした観点から有効成分(髪が生える)として、日本皮膚科学会が2010年12月当時のものですが、脱毛症診療ガイドラインを発表しました。

Aランクすなわち、髪が生えると認められた有効成分は2種類しかありませんでした。
一つは、フィナステリド、もう一つはミノキシジル

ちなみに、フィナステリドは、飲み薬で、医師の処方箋がないと服用することができません(医師の診断でAGAと認められた場合のみ)。日本で処方薬として販売されているフィナステリドの商品名はプロベシアのみです。
もともとは前立せん肥大の治療薬として研究開発されていたものが、その開発途中に発毛現象が現れ、調べてみると、男性ホルモン(テストステロン)と5aリダクターゼの統合を防ぎ、脱毛因子、DHT の発生を抑える働きがあることが見つかりました。なんだか効きそうな感じ!

もう一つのミノキシジル。 こちらは高血圧治療薬として研究開発されていたものが、その開発途中に発毛現象が現れたことに端を発します。もともと、ミノキシジルは高血圧の方の血管を 拡張して血圧を降下させる、血圧降下剤として開発されていました。この血管を拡張させる働きが、発毛を促していることが分かり育毛剤、発毛剤として製品化 されました。日本で販売されているものの商品名はリアップX5です。こちらも、育毛パワーありそう!

しかし!!お気づきでしょうか?両者とも元来は違う目的で作られたことに。

製薬は化学療法です。化学療法には必ず副作用が存在します。この場合、フィナステリドは前立せん肥大の治療薬として開発されていた。その副作用として発毛現象が見つかった。ミノキシジルは高血圧の治療薬として開発されていた。その副作用として発毛現象が見つかった。

フィナステリドとミノキシジル、主作用と副作用を逆転させたものだったんですね。

裏を返せばこの二つ、発毛はするけれど、副作用があるです。

フィナステリドの副作用
フィナステリドの副作用には次の3点が指摘されています。
① 性機能障害(性欲減退、勃起機能低下、精子減少)
② 鬱症状を引き起こす
③ 肝機能への影響

また使用者制限として、
① 女性
② 前立腺を患っている
③ 未成年
使用者制限があることは副作用レベルが高いことを示唆する根拠です。

ミノキシジルの副作用
ミノキシジルの副作用には次の8点が指摘されています。
① 低血圧症状
② 心疾患
③ 動悸、息切れ
④ 肌荒れ、ニキビ
⑤ 眠気
⑥ 頭痛
⑦ 倦怠感
⑧ 頭皮のかゆみ

また使用者制限として
① 心臓病を患っている
② 高血圧
③ 高血圧治療薬を服用している
④ 頭皮トラブルがある
⑤ 未成年
こちらも使用者制限があることは副作用リスクの根拠を示唆しています。

海外では経口薬も販売されていますが、日本での認可は受けていません。塗布薬よりも経口薬の方が副作用リスクが高まります。並行輸入品も出回っているようですが、避けたほうがよいでしょう。

フィナステリド(プロベシア)ミノキシジル(リアップx5)せっかく効きそうだったのに・・・

そんな中、2011年に化粧品原料展において銅賞を受賞した、キャピキシルという原料が開発されました。

このキャピキシル、カナダに本社があるLUCAS MEYER COSMETICS(ルーカス マイヤー コスメティックス)という会社で開発されました。内容を簡単にご説明すると、植物エキスと成長因子の二つの原料をミックスしてできたものです。

って言われてもなんだかよく分かりませんよね(汗)

難しいことを難しく書かないをコンセプトに始めたサイトですが、こういった話はどうしても難しくなりがちです。出来るだけかいつまんでお伝えしますね!

植物エキスにはアカツメクサ花エキスを用いています。このアカツメクサ、イソフラボンが大量に含まれているんですね。その中のピオカニンAというイソフラボンにはAGA(男性型脱毛症)の原因因子、あのDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出す悪の親玉、5αリダクターゼを強力に阻害することが出来るそうなんです。

私は最初ここまで聞いただけで、なんだかわくわくしてきましたが、皆さんはどうですか??

すみません、戻しましょう!

もう一つの有効成分の成長因子、アセチルテトラペプチド-3なんだか舌を噛みそうな名前ですが、これがまた凄いです。4つのアミノ酸から成り立っているもので、とても強力な細胞外マトリクスの修復作用を持つため、毛包の構造維持に働きかけることが出来るらしいです。
すげー!でもなんのこっちゃ?ですね(汗)

毛包は簡単に言えば毛髪を作るためのいろんな器官の総称と思っていただいて間違いないです。

たとえば、毛乳頭とか毛母体なんかも毛包の一部分です。ちなみに、毛母体と呼ばれるものの中には毛母細胞や髪の色素を作るメラノサイトが含まれます。

ということは、このアセチルテトラペプチド-3、毛髪を作るために絶対無くてはならない毛包の構造を守るための成分なんですね。

まとめると、アカツメクサがDHTの増殖を阻止し、アセチルテトラペプチド-3が毛包の構造を守る。すなわち、
「激しい抜け毛」や「薄毛の」原因となるものを取り除いてくれる

=「髪が生えてくる!!」

私たちが探し求めているものがキャピキシルに詰まっているのです

いかがですか?

そしてこのキャピキシル、ミノキシジルのなんと3倍の発毛効果が認められているそうです。成分の特許をとるときに、特許申請を出しますが、こういった育毛成分の場合は既存の成分(この場合、対象はミノキシジルになります)の2倍以上の効果が認められないと特許を取ることは難しいのだそうです。

そういった意味で、ミノキシジルの3倍の効果は特許取得の条件を大幅に超える画期的な出来事として世界中で今、最も注目されている育毛成分が、このキャピキシルなのです

ここで心配なのが副作用。

もともとが医薬品ではなく、あくまでも化粧品登録の育毛剤として開発されていたキャピキシル素材もそのものに、アレルギー反応がある方は別ですが、そうではない方にアレルギー以外の副作用が起きることはありません。

何しろ素材そのものが、天然素材のアカツメクサ花エキスと人体の生体成分であるアミノ酸ですから。

ただ、効果が認められている育毛剤の場合ですが、ヘアサイクルを正常に戻す。という作業が行われるため、休止期の毛髪が一時的に抜け落ちることがあるかもしれません。

これはいわゆる初期脱毛という現象ですが、いわば正常なヘアサイクルを取り戻すための好転反応と言うべきもので、心配する必要はありません。産みの苦しみってやつです。反対に効いている証といえます。

ただ個人差があるので必ず初期脱毛が起きるわけではなく、私も可能性の話をしているだけなので、過度な心配は禁物です。

次は初期脱毛というよりも、後期脱毛と言ってよいのか・・・

フィナステリド(プロベシア)ミノキシジル(リアップX5)を恒常的に使用していた方が、ピタッとやめてしまった場合、その反動で抜け毛が多くなることは、かなりの確率で起こり得ます。

実は私もその中の一人です。フィナステリド(プロベシア)は使用したことがありませんが、ミノキシジル(リアップX5)はかなりのヘビーユーザーだったことがあります。

私の場合ミノキシジル(リアップX5)で初期脱毛の記憶はありませんでした。使い始めて3か月くらいするとなんとなく生え際に産毛がちらちら見え始めました。「これはいける!」
と確信した私はそれから何年もミノキシジル(リアップX5)のとりこになりました。
ところが、生え始めた産毛がしっかりした髪の毛になかなか成長してくれません。そこで、有効成分ミノキシジルの文献を調べたところ、前述の副作用リスクがたくさん出てきました。*リアップX5は2009年からの発売で、私は、2010年から2013年までの使用

当然、怖くなり使用を中止しました。

直後、生え始めていた産毛が抜けました。生え際だけでなく頭頂部も薄くなってきた感じがしました。ミノキシジル(リアップX5)を使い続けるべきか迷いましたが、様々な体へのリスクを考えると使用はあきらめました。

以上が、私のミノキシジル(リアップX5)体験談です。

当時は危機感から、皮膚科での治療を画策しました。これはすなわちフィナステリド(プロベシア)の使用を指します。
でも、ひょっとするとフィナステリド(プロベシア)にも副作用リスクがあるかもしれないと思い調べたところ、前述した副作用リスクが見つかり、こちらも諦めました。

長きにわたり育毛生活を続けていた私ですが、ここにまさに不毛の時期が訪れました。

けれども、この不毛の時期は半年ほどで終わりを告げます。

それは、2014年春に訪れました。

救世主キャピキシルの登場です!

日本では、株式会社アルファウェイという会社が販売を始めた

モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D

という製品。

Deeper3Dに遅れること半年余り、株式会社美彩という会社が販売を始めた

スカルプ5.0C

という製品。

今現在の日本における発毛剤、育毛剤の2台巨匠がここに誕生しました。

私は、最初の1年くらいはDeeper3Dをそして、今現在はスカルプ5.0Cを使用しています。

両製品とも共通しているのは、育毛、発毛の有効成分キャピキシルを5%以上配合している点です。 製造販売元のルーカス・マイヤー・コスメティックス社では、育毛、発毛を促すためのキャピキシルの有効量は3%以上としていますから、両社ともその基準を完全に満たしています。ちなみに3%以上キャピキシルが配合されている製品に与えられるBURONZEエンブレムですが、こちらはもちろん両社とも取得しています。

*一部噂で、株式会社美彩が販売しているスカルプ5.0cに使われているキャピキシルが 5%含まれていることを表すエンブレムが、「虚偽記載では?」の声が上がっているそうです。そこで少し調べたのですが、確かにルーカス・マイヤー・コスメ ティックス社ではブロンズエンブレム以外は発行していないことがわかりました。では5%エンブレムは一体何かというと、ルーカス・マイヤー・コスメティッ クス社から原料を(キャピキシル)を輸入している日本における原料販売会社が5%の認定の証として発行しているものなのだそうです。メーカーの販売サイト にはこれらのことが記載されていないので、このような誤解を招いたのかもしれません。配合量は気にすべき点なので安心ですね!

プラセンタ

それからもう一つDeeper3Dにもスカルプ5.0cにも共通して配合されている有効成分としてプラセンタがあります。プラセンタは哺乳動物の胎盤ですね。
ここでプラセンタ話を一つ。

人間でたとえると、人間は約60兆もの細胞でできています。人間の赤ちゃんはお母さんのおなかの中で十か月ほど、すくすく育って生まれてくるのですが、このおなかの中の過程において非常に重要な役割を果たすのがプラセンタ(胎盤)です。

たったの10か月くらいで受精した二つの細胞が60兆もの細胞に分裂することは通常ではあり得ないことなのだそうです。どうしてそんなことが出来るかというと、プラセンタに含まれる成長因子(グロースファクター)が爆発的な細胞分裂を促すから出来ることなのだそうです。

そこで、再生医療、免疫学の分野でプラセンタの研究が始まりました。今では更年期治療、肝臓疾患に保険適用されていますし、三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)、認知症、リウマチ、関節痛など様々な病気への効果も期待されているそうです。

ではその成長因子(グロースファクター)は一体何をするのか?

細胞には一つ一つ、受容体(レセプタ)と呼ばれる鍵穴のようなものがあります。成長因子(グロースファクター)は言わば鍵です。眠っている細胞の鍵穴を鍵で開けることにより、細胞分裂が細胞分裂を呼び新しい細胞に生まれ変わることを後押しするのです。

歳をとると病気にかかりやすくなります。先ほどあげた病気のほかにも、しみやそばかす、しわ、たるみ、メタボ、白髪、そして抜け毛や薄毛。すべて老化の現象です。

老化とは?新陳代謝(ターンオーバー)が鈍ることを指します。
新陳代謝(ターンオーバー)が鈍ると細胞が傷つきやすくなります。細胞が傷つくと治るものも治りづらくなります。
たとえば、小さな子供は擦り傷を作ってもしばらくするとどこに擦り傷があったのか分からなくなりますよね。反面、歳をとるごとに治りづらくもなるし、傷跡がいつまでも残っていたりします。簡単に言えばこれが新陳代謝(ターンオーバー)が鈍る、すなわち老化です。

この鈍った新陳代謝(ターンオーバー)をがんばれーと後押ししてくれるものがプラセンタの成長因子(グロースファクター)です。

ただ一つ、注意すべき点があります。それはプラセンタですが要は哺乳動物の胎盤です。様々な動物の胎盤が医療だけでなくサプリメントや美容液そして育毛剤、発毛剤に使われています。それらの製品の企業の広告に成長因子(グロースファクター)謳っていないものはNG です。なぜなら、それらは原料の胎盤を食用の動物のものに頼っているからです。食用動物は胎盤に限らず、生の状態だと様々な細菌が存在します。ユッケなどの生食が禁じられたのも記憶に新しいところです。

ですから、食用動物の胎盤を製品に加工するには必ず加熱処理が必要となります。そうすると一番大切な成長因子(グロースファクター)使い物にならなくなります。
結論として、成長因子(グロースファクター)を謳わずにアミノ酸の量が多いとか、産地はどこだとか全く見当違いのことを述べている会社の製品は大NGです。

無菌状態で飼育されている動物の胎盤のみが有効というわけです。両社が無菌状態の動物が原料と謳っているわけではありませんが、成長因子(グロースファクター)を広告に表記している以上、真実ではない場合、虚偽記載になってしまいます。スカルプ5.0Cなどはモンドセレクションの金賞を受賞していますが、もし虚偽記載があるのならそんな賞など取れるわけもありません。

そうした点でも Deeper3Dスカルプ5.0Cともにこの条件をクリアしていることになります。

キャピキシルプラセンタ、今現在で考えうる最高の育毛、発毛の巨大タッグがここに誕生したのです。

両社ともその先見性には頭が下がります。聞くろによると、Deeper3Dの社長さんはご自身も抜け毛や薄毛の悩みをお持ちで、それを何とかするために、悩んでいる多くの人たちのために、育毛、発毛の会社を立ち上げたのだそうです。

スカルプ5.0Cの社長さんも世の多くの人たちがより美しくより若くより健康であり続けてほしいという気持ちから会社名も美彩と名付け、様々な美容商品をプロデュースする会社を立ち上げたのだそうです。

こういう会社の理念は時間がかかるかもしれないけれど、やがてはその商品を通して、エンドユーザーの心にまで響くものです。

二つの製品とも決して安いものではありませんが、継続使用することで効果は少しずつ表れます。

<私がはまった脅威の育毛剤、2選はこちらから!>
THE SCALP5.0 【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】

評価

geralt / Pixabay

Deeper3Dスカルプ5.0cの気になる評価ですが、

両者とも甲乙つけがたし!

まず、Deeper3Dですが、私のミノキシジル(リアップX5)ショックを助けてくれた救世主です。使い始めて3か月もしないうちに一番気になる生え際付近から産毛が復活してきました。それと生え際から頭頂部全体の毛髪がしっかりとしてきました。

もちろん、そのままずっと使いつ続けていたかったのですが、ほどなくスカルプ5.0cが登場してその時は「二番煎じ」とちょっと冷やかに見ていたのですが、なんかやっぱり気になりまして、今はスカルプ5.0Cを使用しています。

この「なんか気になる点」は正直言うと価格です。ホントのところを言うと、使い続けたいのはDeeper3Dです。キャピキシルだけでなく、プラセンタは最上級のサラブレッド由来だし、そのほかの成分も特筆すべきものがふんだんに盛り込まれているし、一言でいうと濃い感じがします。モンゴ流と言うだけあって、「モンゴル人にハゲはいない」をコンセプトに研究を重ねた結果、出来上がった製品がDeeper3Dなのだそうです。

おそらくはライバルと言って良い、スカルプ5.0Cですが、こちらの魅力は何と言っても価格でしょう。決して安いわけではないですが、定期購入にすると価格がぐっと下がります。内容成分も、キャピキシルだし高濃度の発酵プラセンタだし、そのほかの成分も決して悪いものは入っていないようだし、「激しい抜け毛」「薄毛」問題で一番の大敵、DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することは変わらないのだから、この点を踏まえて考えると、今はスカルプ5.0Cで落ち着いたかな?というところです。

Deeper3Dからスカルプ5.0Cに変えた時には、初期脱毛も後記脱毛も起きませんでした。
これはやはり、両方とも有効成分が同じキャピキシルだからなのだと思います。かゆみなどの症状もありませんでした。

一つ補足すると、Deeper3Dは内 容がとにかく濃いです。生薬成分もたくさん入っています。そのため、好転反応といって一時的にかゆみやふけなどの反応が出ることがまれにあるようです。こ れは副作用とは違い、効き始めるための頭皮の準備期間と思って間違いないです。漢方薬などでもよくあることなのだそうです。

好転反応が出た場合、一週間から二週間ほどで、落ち着くことが多いようですが、お肌が弱い方の場合、もっと長く続くようでしたら、一度中止するか、2~3日に一回使うなど慣らしながらの使用法をおすすめします。

これでもか!な感じでガンガン攻めてくれるのが、Deeper3D

優しいタッチでソフトに入り込んでくるのが、スカルプ5.0C

と言ったところでしょうか。

このサイトは、「激しい抜け毛」「薄毛」に悩む男性向けに作ったサイトですが、この二つの製品、Deeper3Dスカルプ5.0C「抜け毛」や「薄毛」でお悩みの女性にも安心してお使いいただける製品です。
そういった意味でも、年齢性別問わず安心してお使いいただけることは育毛剤、発毛剤としてとても大事な要素です。

女性に安心してという点でもう一つ。

育毛剤、発毛剤にありがちなおっさん臭ささはどちらも感じません。使用感もどちらともさらっとしていますし、Deeper3Dはほのかに柑橘系の香りがします。そして頭皮に付けた時は少しスーッとします。香りにしてもスーッとした感じにしてもずっと続く感じはなく、しばらくすると元通りなのですが、それがまたさりげなくて自分は好きです。
スカルプ5.0Cもほのかに香りがします。この香りはなんでしょうか、やっぱり柑橘なのかな?こちらも匂いが残る感じはなく私好みです。

今現在の育毛剤、発毛剤市場の中で、これら以上のものはなかなか現れずらいのではないかと思われます。

理由としては、キャピキシル以上のものの存在が今のところ見つかっていないからです。
これからの育毛剤、発毛剤市場はこのキャピシキルを中心に動いてくるでしょう。

ここら辺りは、もう気づいたもん勝ちです。

ここまでを少しまとめると、

副作用リスクのないもの

科学的根拠に基づく効果が実証されているもの

この2点です。たったの2点しかないですがこれを探すのが難しい。

何が本当で何がまやかしかを見極めること。情報が氾濫しすぎてこの見極めがとっても難しいです。

難しいけど調べてみる、試してみる。出来れば失敗しないやり方を見つける。これがとても大切なことだと私は思います。

私は私の美容師人生の中で得た知識と経験を情報が氾濫しすぎてなんだか分からなくなってきている育毛、発毛の分野にメスを入れる、と言えばおこがましいですが、本当のことは何なのかをお伝えするためにこのサイトを立ち上げました。

「抜け毛が激しくなってきた」「薄毛になってきた」と言ったお悩みのお客様が多いことに気が付き、抜け毛、薄毛問題でお悩みの世の多くの方々の少しでも手助けになれば、こんなに嬉しいことはありません。

スカルプ5.0Cはこちらから!

SCALP5.0C

もう今さら説明は必要ないかもしれません。是非半年は使ってみてください。じわじわとその効果が実感できます。定期購入での使用をお勧めします。育毛剤の革命児と呼んでいいでしょう。

Deeper3Dはこちらから!

Deeper3D

こちらも説明不要ですね!コスト面を考えなければずーっと使い続けたいです。モンゴ流シャンプーとの併用はさらに育毛、発毛を強化してくれます。SCALP5.0Cが革命児ならば、こちらは、改革者かな?育毛、発毛界に一石を投じた功績はまさに改革者です。」

section3

番外編

AllClear55 / Pixabay

そのほかの育毛剤、発毛剤との比較

育毛剤や発毛剤で検索すると本当にいろんなものが出てきます。もう何が良いのか分からなくなっているのが実情ではないでしょうか?

ブ ブカやチャップアップなどが割と育毛剤、発毛剤の中では初回購入や定期購入が少しお安いということで、随分と人気があるようです。厚生労働省認可のM- 034という昆布由来の成分が特徴成分として配合されています。日頃、毛髪を生業としている私からすると、これらの製品は悪くはないが良くもないです。

実際、使ったことはないのですが、まず、ミノキシジル(リアップX5)と同等の育毛、発毛効果と謳っています。この時点でミノキシジル(リアップX5)ユーザーだった私からすると申し訳ないですがNGです。

理由はミノキシジル(リアップX5)は3年使っても産毛程度しか生えなかったから。それと、ブブカやチャップアップをはじめとするM-034配合を謳う育毛剤、発毛剤はDHT抑制成分を表記しているけれどそのあたりがなんだか尻すぼみで怪しい。
科学的な根拠に乏しい成分だからトーンダウンしてしまうのもしょうがないのだと思います。

何回も繰り返して恐縮なのでが、みなさんがお悩みの「激しい抜け毛」や「薄毛を」改善するために一番大切なのは、DHTの抑制です。

DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することで毛髪の周期、ヘアサイクルが安定します。このヘアサイクルの安定こそが「激しい抜け毛」「薄毛」の改善に直結します。

ブブカやチャップアップをはじめとする、比較的人気のある育毛剤も使ってみても良いとは思いますが、Deeper3Dスカルプ5.0Cと比べて価格が安くなるので、魅力としてはそれくらいしか感じられません。気休めプラスαで良いのでしたらそれでも良いと思います。

ただ、お安いといっても結構なお値段です。継続使用しようと思っているのでしたら、気休めのものと結果の出るもの、どちらが良いか。

ここはもう価値観の問題だと思います。

*まだ抜け毛や薄毛の心配がそれほど深刻ではなく、予防的に考えている方などは使ってみてもいいかもしれません。一応、ブブカ、チャップアップの公式サイトも貼り付けておきますので、ご興味のある方は見てみても良いかもしれません。
濃密育毛剤BUBKA

チャップアップ(CHAPUP)

決めるのはみなさん自身です。お一人お一人いろんな事情があることでしょう。月に一万なにがしの出費がお財布から・・・かなり痛いです。

でもそれと引き換えに得られるものは大きいですよ!

高いものを使うと不思議なもので、いろんなところに気が向くようになります。先に上げた「過度なダイエット」「ストレス」「喫煙」「食べ物」などの生活習慣。

「こんないいもの使い始めたのだから、ちょっと生活習慣見直してみるか!」っとなる可能性は十分あります。「節煙」「禁煙」「暴飲暴食」などが結果的に少しずつでも改めることになって、月々の育毛剤、発毛剤代が浮いたなんてことは、誰にでもあり得ます。

私自身もそんなところ、多分にあります。

私のサロンのお客様たちにも同じようにDeeper3Dスカルプ5.0Cをお勧めして使っている方、男女問わずいらっしゃいます。

お客様たちには、まず必ず、男性ホルモン、女性ホルモンのバランスや生活習慣などのお話をします。そして良く効く、または効く可能性の高い育毛剤、発毛剤として、キャピキシルのDeeper3Dスカルプ5.0Cをお伝えしています。

そうするとかなりの割合でみなさん生活習慣の改善に着手していらっしゃいます。
ある方は禁煙に取り組んでいたり、またある方は毎日のビールを少し減らしたり、早寝早起きの習慣をつけたり、ウォーキングを始めたりなどなど。

このサイトは、巷にあふれているただの商品紹介サイトではありません。

毛髪のプロとして、そのような現状を非常に歯がゆく思い「激しい抜け毛」や「薄毛」でお悩みの方たちのために、私自身の体験や経験、学習したことを元にこのサイトを立ち上げました。

「最近、なんだか抜け毛が増えた気がする。」「最近、なんだか髪が薄くなった気がする」
「もう手遅れかな・・・」「諦めようかな・・・」

いえいえ、その原因はもはや明確です。
悪しき生活習慣とDHTです。

流れとしてまずはDHTを抑制すること。そしてDHTを抑制しつつ、生活習慣を少しずつ見直していくこと。この2点です。

実は「激しい抜け毛」「薄毛」の改善と対策はこの2点しかありません。
でも、簡単なようでいて難しい。

今まで習慣ではないことを習慣化するのってなかなか根気のいる作業です。
くじけそうになったりめげそうになったらいつでもこのサイトに戻ってきてください。

私も記事を都度見直して、より皆さんのお悩み解決のためにこのサイトを強化していくつもりです。

サイトの随所にDeeper3Dスカルプ5.0Cの公式サイトに飛べるようにしてあります。より詳しい情報はそちらをご覧いただければ確認することができます。

ここまで読んでいただいた皆様の毛髪の成長の一助になれば私も嬉しいです!

もう今日を境に「激しい抜け毛」「薄毛」にサヨウナラしましょう!

section4

このサイトのまとめ

Negativespace / Pixabay

ここまでお読みいただき、ありがとうございます!なるべく簡単にわかりやすくと思い書き始めましたが、いかがでしたでしょうか?

この分野、結構専門的で奥が深いです。奥が深いけれど、いい加減なものもたくさんあります。言葉巧みにあたかも効くような文言で誘導するようなサイトも多く見かけます。そのため、目にするいろんな情報がなんだか全部良さそうに感じてしまうのも不思議ではありません。

前項でも触れましたが、本当のことは何のか?これに尽きます。

以下、このことをふまえてまとめに入ります。
しばらくお付き合いくださいね!

体に良いことは、毛髪の成長に良い
抜け毛、薄毛は老化の一種、ここで言う老化はヘアサイクルの乱れ
これらを正すことが、育毛、発毛につながる。

体に良いこと=良質な睡眠、栄養バランスの良い食事、適度な運動、ストレスのない生活。
と言ったところでしょうか。全てを網羅することは、ちょっと難しいかもしれません。

けれど、日々の生活を振り返り見直すことは可能だと思います。あまりハードルを高くしすぎると、途中でくじけてしまいます。

なんでもいいのです。出来ることからちょっとだけ。
そうして、その浮いた資金で、頭皮環境に良いシャンプーや本当に効果のある育毛剤、発毛剤を使う。

そうすることで、少しずつ結果が出てくる。

結果が出ると楽しくなるので、また別の身体(毛髪)に良いことをトライしてみる。

負のスパイラルとよく言いますが、このように正のスパイラルも存在します。

負のスパイラルに陥るのはすごく簡単なことです。

自堕落に過ごせば、もう簡単に入り込めます。
「どうせ自分なんて・・・」

とは、負のスパイラルに陥ってしまった人々の常套文句です。

反対に、正のスパイラルを起こすのには少々のエネルギーが必要になります。
ただし、そんなにハイパワーのエネルギーはいりません。

ほんのちょっとの意識を向ける、そしてそれを行動に移してみる。それが癖になるまで続けてみること。

「それが出来れば苦労しないよー」という声が聞こえてきそうです。

でも、この一歩、踏み出しましょう!

私の恩師が遺してくれた大切な言葉があります。

最後に皆さんにプレゼントします!

意識が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば人生が変わる。

髪の毛だけ考えると大げさな格言ですね(笑)

でも、これ何にでもあてはまるので、自分で何か始めようとするときは、必ず思い出します。都合よく解釈しちゃってます!

めげそうになったら、くじけそうになったら、この言葉を思い出してください。

私もいつもそうしています。

長い時間をかけて、抜けて行ってしまった髪の毛は、一朝一夕では回復しません。やはり同じように、時間をかけて純粋培養していかなくてはいけません。

このサイトでは、私の今現在知り得る毛髪科学のお話を極力分かりやすく皆さんにお伝えしたつもりです。

主役は皆さんご自身です。このサイトで書かれていることを参考にしていただいて、ご自分で決めたやりかたで、ぜひ結果を出しましょう!!

最後までお読みいただいて本当にありがとうございました!

皆さんの育毛、発毛ライフに幸あれ!!

 

育毛シャンプー剤のランキングはこちら↴↴↴

育毛シャンプーおすすめランキング

M3040プレミアムスカルプシャンプー

 現役理容師さんが開発したスーパープレミアムシャンプーです。ちょっとお高いですが、ものが格段に違います。というか、これを使って実感しない方はそういらっしゃらないのでは?と思うくらいに私自身衝撃を受けました。アカヤジオウ根エキスなんかを入れちゃうところなんか素敵すぎます。さすが分かっていらっしゃおます。私のサロンでもおすすめ度NO,1です。

BOSTONシャンプー

オーナーご自身が毛髪の悩みから開発したシャンプーです。お値段まずまずですが、なかなかどうして内容はよく吟味されて作られています。ヒノキチオールやポリオクタニウムなど今注目の美容成分を沢山入れることにより、毛根からのはりこしを実現します。堂々の2位にランク付けさせていただきました。1位の「M3040シャンプーがちょっと高いかも・・・」のお客様には断然こちらをお勧めしております。

モンゴ流シャンプーEX

「モンゴル人にハゲはいない」ことに着目して作られたハイスペックシャンプーです。育毛剤のDeeper3D との併用でこれはもうかなりの確率で抜け毛薄毛の改善が期待できます。こちらの社長さんご自身が薄毛に悩み、研究し尽くした結晶がこちらのシャンプーとDeeper3Dです。本当は星5つつけたいのですが、Deeper3Dとの併用でこそ意味があるので、コスト的に星を一つだけ減らさせていただきました^^;

 - 男性の激しい抜け毛の改善方法